愛犬らむとの思い出と共に、今を生きるわたしの日記。


by ram50730
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今日は彼岸の入りで、母が祖父母のお墓へ行ってきたようです。

わたしが帰宅するやいなや母はわたしに、

「やっぱりらむが来てた」と言い、

らむのお骨を置いている棚へ歩いていき

こんなものを私に見せてくれました。

d0071269_20183669.jpg


先月のお盆のとき、

お墓においてあったロウソクの左側の燃え方が妙だった、

とは前に日記で書いたわけだけど、

その燃えた形がコレになるとのこと。


「うん、これはらむの顔の形!!!」


思わず涙が溢れそうになりました。


母はお盆のとき、「らーちゃん、お婆ちゃんたちのところにいてね」

と言ったそうなのですが・・生前からお気に入りの場所に

やっぱりらむはいたんだね。

d0071269_20225979.jpg

d0071269_20231494.jpg


耳がピンと立っていて、ちょっと馬っぽい気もするんだけど(笑)、

母曰く、ロウソクはこんなふうには普通燃えない、とのこと。

ホントに見事なものです。


「ぼくはここにいるよ」という証なのだと思うと、すごく嬉しかったな。

大きな大きなプレゼントをもらった気持ちになれました。


最近、らむの気配はなくなってきたようで(母談)、

きっとらむも新しい居場所を見つけることができたのだと思います。


にしても。 やっぱりらむは名演出家!!
[PR]
by ram50730 | 2007-09-20 20:26 | らむ

ふわふわと飛んでます!?


わたしはよくわからないのですが・・・・


らむがいなくなってから、

母や、らむとよく遊んでくれた母の友達が

「らむのにおいがした」と言っています。


実はらむが天使になってから、

いくつかの不思議なストーリーがありました。


らむがこの世を去る前日、

カラーにつけた途端、なくしてしまったクロスが玄関先で見つかり、

この世を去った翌日、

これも以前、カラーにつけてなくしてしまったネームタグが、

窓のサッシにピタッとくっついているところを

母が見つけたのです。


いくら捜しても見つからなかったこれら。

絶対外に落としたはずだと思っていたのに、

どちらも家の中から出てくるなんて・・・

しかもどちらも、普通じゃ見つけられないようなところにありました。


たまたま見つかった、そんな感じでもあります。


「らーちゃんもニクい演出するなぁ」なんて

涙ながらに家族で笑いました。


それから数日後、らむも行って走り回って遊んだことのある、

母方の祖父母のお墓へ、母が行ったときのこと。


話によれば、2本立てていたろうそくの片方の炎が変に揺れていた、

とのことでその様子を暫く眺めていたそうです。

すると、溶けたロウソクの形が、犬の顔のようになったとのことで・・・


そして、母の実家があった田舎で、今は畑にしている場所。

母や叔母と一緒に行き遊ぶのが大好きだったらむ。

(たぶん、外の場所で一番大好きだったと思う)

この間、母と叔母達がいつものように出かけたとき、

見たことのない猫が寄ってきて、帰るまでずっと傍にいて遊んでいたそうです。


何回も行っているのに、その人に慣れた猫を見たのは初めてだったそう。

母たちが帰るとき、その猫は泣いていたそうです。


その話を聞いて私は「それ、きっとらむが乗り移ったんだよ」

と言ってしまいました。


と、こんな感じで思い込みもあるけれど、

きっとらむはまだ私たちの傍にいて

ふわふわと自由に好きなところへついて行っては

遊んでいるのだと思います。


「いい加減、ちゃんと天国に行きなさい」とは言うものの、

写真を見ては話しかけたり、ご飯やオヤツをあげているので、

らむもまだここを旅立てないでいるのでしょうか??


家にあるお骨は、ちょうど49日にあたる今月末の日曜に

お墓へ入れてもらおうと思っています。


そうすれば、ちゃんと天国に行って遊べるかな??


だってね、いつも私たちの傍にいて見守っててほしいけど、

ちゃんと次の命をもらえるように神様の審査を受けないと!

きっと審査には、たくさんの子達が並んで待ってるだろうから・・


なんてね、まだまだ自由にお空を飛びたいよね^^;
[PR]
by ram50730 | 2007-09-10 20:02 | らむ

ナミダモロイ・・


らむが天使になってから、

やたら涙もろくなりました。


らむのことを考えたり話したりすると

涙があふれてしまうことは勿論、

リンカーン(ダウンタウンの番組)の運動会で、

一生懸命芸人達が走ってる姿をみて涙が出そうになったり(笑)、

大好きな桑田圭祐の「風の詩を聴かせて」だかという歌を

テレビで見てボロボロと涙をこぼしたり・・

(この歌は亡くなったサーファーのことを歌ってるので、

特に思いがかぶる)


とにかく、ちょっとしたことで涙が出るようになりました。


おかげで渇き気味のコンタクトも潤います(笑)


いやいや、真面目な話、気持ちが優しくなれたのかもしれません。



らむくんがいなくなってから、

前向きになって悲しい気持ちもなくなりつつある今だけど、

きょうは仕事中にふと涙が出そうになったり、

帰りのバスの中でも思い出して涙があふれてきちゃいました。


らむを抱きしめたいなぁ。。。
[PR]
by ram50730 | 2007-08-27 21:25 | わたし

our sweet Angel, Ram☆


明日は普通に訪れる、そう思っていました。


でも違うんだね。


8月13日午前3時17分、

わたしたちが心から愛していた家族、らむが

天使になって旅立ちました。


急な展開で、暫くは夢を見ているようでした。

これまで大きな病気もしたことがなかったのに、

なぜなんだろう・・・


こんなに皆から愛されていた良い子を

神様は何故連れて行ってしまうのだろう?

命はどうしてこんなにも儚いの?


悔しくて悲しい気持ち、と

精一杯小さなカラダで頑張ったらむへの思いが

ゴチャゴチャになり、涙が枯れることはありませんでした。

でも、少しずつ、

らむが天使になったことには意味があったのだ、と

そう思えるようになっています。


らむがいなくなってから、

家族の存在の大切さを一番感じました。

らむが元気だったときには気がつかなかった有難さを・・


最期を家族で看取り、

お骨にするときも家族で連れて行きました。

「あんなこともあったね」と思い出話をすると、

悲しい気持ちがなくなって笑顔になれます。


「きっと今頃、自由に飛んで歩いてるよ」

なんて誰かが言うと、「そうだよね」と素直に言えて・・・


わたし一人なら、乗り越えられただろうか・・・?


「家族がいると、悲しみは半分になり、喜びは倍になる」

母の言葉に妙に納得してしまった私です。


それから、

周りの人達から温かい言葉や気遣いをたくさんいただきました。

そしてらむを想って涙を流してくれた方々もいました。

みんな優しい気持ちを持ってるんだなぁ、

と心から感謝しました。


らむがカラダを持って教えてくれたことです。



これまで撮った写真を家族で眺め、

四季を通してたくさんの表情を見せてくれてたんだなぁと

あらためて思いました。

たった2年間の命、こう思っていたけれど、

この思い出の多さにむしろ、

「凝縮しすぎたかなぁ?」と思ったくらいです。


らむは幸せだっただろうか・・?

わたしたちは少なくとも、幸せでした。

無償の愛を知りました。


らむ、ありがとう☆


出会えた縁に感謝してるよ。


またいつか、どこかで会おうね。



このブログは、らむのことを中心に書いていたので、

天使になったことで向き合うことが出来ずにいましたが、

前を向いて歩いていくために、また書き始めることにしました。

涙はやはり流れてしまいますが・・・。


ブログを書いていたおかげで、

思い出を鮮明に残したまま、一緒に歩んでいけそうです。


らむは、私のこれからの生き方についても教えてくれました。


おかげで目標をちゃんと持つことが出来ました。


これからもテキトーにつらつら書いていこう、と

思ったわたしです。
[PR]
by ram50730 | 2007-08-25 12:07 | たいせつなこと

らむ入院。

今夜、らむは我が家にいません。

動物病院に入院中です。


きょうの午前に外に連れ出したせいで、

熱中症になったのか、帰宅後に調子が悪くなり、

急いで連れて行った病院の先生に、

最悪の事態も覚悟してください、と言われるほど

意識朦朧とし、けいれんも起こし、非常に危険な状態でした。


でも病院の適切な処置のおかげで


数時間後に様子を見に行った時は

わたしと母を見て、保育器のような箱の中で

尻尾を振りながら立ち上がるまで回復してました。


まだ予断を許す状況ではなく、けいれんからくる後遺症もわかりませんが、

らむの生命力を信じて祈るしかありません。

こうなってしまったのは、全てわたしのせいだ、と

心から反省してます。


ごめんね。

そして、

がんばれ、らむ!

明日迎えに行くから一緒に帰ろうね!
[PR]
by ram50730 | 2007-08-11 21:05 | らむ

夏のお祭り見物

盛岡さんさ踊りを見てきました。

初日とはいえ、迫力のある太鼓の音や踊りで、見ていてとても楽しい気分☆

とはいえ…楽しかったのはわたしだけで、今年初見物のらむは、終始緊張。

太鼓の音にこわがり震えておりました(/_;)


「どんど晴れ」のカガミ屋旅館の一行もパレードに出たようですが、途中で解散(→それも審査本部過ぎてすぐだって)したようで、

誰が出たのかまでわからず…残念!

せっかくだから盛岡の祭りをもっと盛り上げてほしかった!


なにはともあれ、熱気ムンムンの中、らむに気づいたたくさんの人が、

カワイイと近寄ってなでてくれたり、

話しかけてくれたりで、
みんな優しい気持ちを持ってるんだなぁと思いました。

最初に話しかけてきたのは、ネイティブアメリカンの女性。

少し英語で会話しましたが…

言いたいことがすんなり出ず。

だいぶ忘れちゃってます…English。

でもやっぱり英会話って楽しい☆

フレンドリーで感情を素直に表現できちゃう欧米人ってかわいい!

そして、また海外に行きたいなぁって思っちゃった。

夢は大きく。また英語を勉強しよう!

らむのおかげで、イイ影響を受けることができました。
[PR]
by ram50730 | 2007-08-01 23:04 | たのしいこと
July 30th.

きょうはわたしの愛すべき

らむの2回目のバースディ!!


仕事から帰宅してから、

特製ご飯とケーキを急いで作って食べさせました。

d0071269_2042544.jpg

  〝チキンと野菜のミルクがゆ〟

d0071269_20432255.jpg

    ガッツガツと食べてあっという間にたいらげました。


・・・お次はバースディシフォンケーキ☆
d0071269_20444272.jpg

no sugarのケーキにヨーグルトでコーティング。

d0071269_2047864.jpg

むしゃむしゃとこちらもガッツいております。


大好きなスイカと、食べたことのないブルーベリーをトッピングしたわけですが、
d0071269_20475991.jpg


残しました。


スイカも残すなんておっかしいな~と思いながら、

こっちはこっちでデザートのスイカを食べようとしたところ、

フガフガと近寄ってきたため、

「あっちにあるでしょ」とケーキ皿を指差したところ、

スイカだとやっと気づいたのか、

スイカだけ食べてくれました。ブルーベリーはお気に召さなかったようです。


なにはともあれ、らむがきょうという日を元気に過ごしてくれて

わたしはとても幸せです。


この一年間でらむはすっかり大人になりました。

行動に落ち着きが出てきたなぁとつくづく思います。


時々、「あむ~(らむ)」と遊びに来る、

お隣の2歳近くになる坊ちゃんが、

昨日らむのリードをひいて歩いたそうですが、

らむはその子のよちよちペースに合わせて歩いたそうです。


その話を聞いて「らむもおにいちゃんになったんだな~」と

すごく嬉しくなりました。


わたしが思っている以上にらむは賢くて、

わたしが思っている以上にらむはわたしたちを理解していると思います。


ビビリん坊だけど、むやみに吠えたり怒ったりせず、

わたしたちの行動にちゃんと合わせることができる、

そんならむは本当に愛おしい存在です。



今という時が一番幸せです。


これからも元気に、ゆっくり歳を重ねていこうね。


we luv U~☆
[PR]
by ram50730 | 2007-07-30 21:14 | らむ

ひっさびさのアジ。


約ひと月ぶりのアジリティ練習に行ってきました。

その間、らむが体調を崩したり、

行こうと思えばザーザー降りの雨で断念せざるを得なく・・・。


前回の練習の頃から、

らむのアジに対する姿勢がどうも芳しくなく、

わたし自身のやる気も下降気味だったのですが・・。


でも、練習を休んでたこのひと月で、

らむのビビリ癖がまた以前のようにひどくなったような気がしたのもあり、

再開を決したわけで・・・。


着いてみると、やはりらむはクレートに引きこもってしまい、

他のお仲間さんから、

「(クレートの)ドア開いてるよ」と指摘されようとも

そんなのは全く関係ナシ。

こっちがリードを引っ張って、ようやく出てきてくれるわけだけど、

いざ走らせようとスタート地点でお座りの号令をかけてみると、

出来た!!

マテも出来てる!!


家の前での特訓(?)が功を奏したようです。


ジャンプもトンネルもちゃんとこなしてくれました。


次にノーリードでトライしようと、

スタートでお座りさせてリードをはずしてマテさせて

「よしっ!」と言ってみたが。


動かない。石のように動かない。


やる気ナシ!です。

でも、わたしが先に走る素振りを見せると着いてきました。

ジャンプ、ハウスともバッチリ☆でした。


らむはその後、すぐクレートに入ってしまったんだけど、

ちゃんとこなしてくれて、「来てよかった!」と心から嬉しく思いました。

***************************

自宅に戻ってきて、畑へ出かけていた母がらむに

ジャンボピーマンを渡すと・・・。

d0071269_1881514.jpg

すごい勢いでじゃれ始めました。


d0071269_189074.jpg

母が取り返そうとすると・・・

「渡すもんか!」の姿勢。


d0071269_1893774.jpg

下手をすると食べてしまいそうな勢いだったので、

ごまかして取り返したその後は・・


おやすみタイム。


スヤ~。


こんならむくんも明日で2歳になります☆


いつもどおり、元気に明日を迎えようね!
[PR]
by ram50730 | 2007-07-29 18:13 | アジリティ

new Friend.

d0071269_21442362.jpg

らむの新しいお友達、

“モジャ”


ホームセンターに買い物に行ったとき、

ワゴンの中で赤札投げ売り状態でいたモジャを


らむが気に入って家につれてきたといういきさつなので、

今でもピコピコことたまごちゃんと同じくらい、

気に入って遊んでいます。


モジャは潰されるとピーピー鳴き、感触的にはピコピコと同じ感じ。


らむのツボを見事おさえたヤツなのです。


モジャ、120円也。


おもちゃは値段ではありません!


ちなみにわたしがインスピレーションで

キモカワイいコイツをモジャと名付けたわけだけど、

らむもすぐ覚えてくれました。


さすがお気に入りなだけあります。


ちなみに。

ホームセンターでモジャをレジに通すとき、

らむから「ちょっと待っててね」と

ムリヤリ取ってレジの人に渡したんだけど、

らむは、そのレジの人に「返してくれっ!」

と言わんばかりにヒーヒー泣きながら食い下がってました。


困りました・・・。

レジの人もらむに「ちょっと待っててね~」と言って。

まるで人間の子どものようでなんだか可笑しかったです。
[PR]
by ram50730 | 2007-07-28 21:44 | らむ

もぉ~おかしい!!

d0071269_20525264.jpg


 アシカみたいだよね、まるで・・・。

 この直立具合、たまりまへん。


 そんならむくん、体調はバッチリ戻りました!

 右太股あたりにあった気になる腫れ物は、

 どんどん固く大きくなり「いつ出産かな~」と

 ふざけて言っていたところ、この間破裂しました。


 も~ビックリした。濁った血のような色のものが

 ポタポタと床に落ちてて・・。

 わたしも一瞬なんなのかわからず本当に驚いたんだけど、

 当の本人はもっと驚いたようで、

 鼻水を垂らしながら呆然としておりました・・・。


 残念ながら流産となってしまったわけですが(どんだけ?)

 元通りの違和感のないからだに戻り、今では傷口も落ち着きました。



 話は変わり、ダーリンが3年ほど使ったというケータイから

 ようやく新しいものへ変えたようです。

 ワンセグでした。

 あけてみると、画面の大きさにビックリ。なが~いの。

 そして、テレビはすっごくキレイに映るし!

 興味なかったけど、こんなにスゴイなんて驚き!

 
 わたしが手にする日は、まだまだ先だろうな^^;
[PR]
by ram50730 | 2007-07-21 20:43 | らむ