愛犬らむとの思い出と共に、今を生きるわたしの日記。


by ram50730
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
相手から自分のことを指摘されて、

「くっそー」と怒ってしまうのは、

まさに〝図星〟だからなそうな。


まぁね、確かに。


わたしもよく彼に色々と指摘されて、

「なにくそ!」と内心思ったりするけど、

要は素直に受け入れられてない、ってことなんだよね。



でも、そんなところを反省し素直になってみると、

相手も自分を受け入れてくれます。


わたしのココロを相手がココロで抱きしめてくれたとき、

「ありがとう」と素直に思えるものなんだね。


あったかくて泣けてくる、そんな存在が私の彼です。
[PR]
by ram50730 | 2007-07-17 23:05 |

うれしいこと。


最近、ダーリンがらむに対して

興味を持って接してくれてるように

見受けられます。


この間、山のほうへらむも連れて行った時、

事前にそのことを伝えていたら、

おやつを買ってきてくれていました。

餌付けられたらむ、単純なもんで、

調子に乗って近寄ってましたよ。

しばし、戯れておりました。


そして、つい先日もアジ練の帰りに自宅へ寄ってみると、

らむを家の中へ連れて行き、お水をあげたり、

食べられそうなお菓子〝南部せんべい〟を

持ってきて与えていました。


集中力を養う、

といってオヤツをジャンピングキャッチさせる

練習などもしておりました。


今度山へ行くとき、ハードル(前にダーリンに作ってもらった)を

もってこい、と言われ、

「おまえが過保護に育ててるから、俺が鍛えてやる」

と言われました。


なんだかわたし、とても嬉しいです。

これまでよりも可愛がってくれていて。


大げさだけど、らむはわたしにとって愛する家族。

そういう存在を可愛がってもらえることは、

このうえなく嬉しいものです。


これからもヨロシク☆
[PR]
by ram50730 | 2007-06-26 22:17 |