愛犬らむとの思い出と共に、今を生きるわたしの日記。


by ram50730
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いよいよです^^。

4月より、仲間達とお米作りをします。

岩手県花巻市東和町で合鴨農法でお米を作っている農家さん宅で

お米作り体験ということで、お世話になることになりました。


明後日30日は事前打合せということで、

二度目の訪問と今後のスケジュールを詰めてきます。


詳しくはこちらのブログで↓

http://ameblo.jp/iwate-kirabito/

ちなみに「岩手喜楽人。(イワテキラビト)」というサークル名で活動します。


お米もだけど野菜作りも本格始動の季節となってきました☆

楽しみです^^
[PR]
by ram50730 | 2008-03-28 21:49 | スローライフ

春の味。~ばっけパン~

先日のお彼岸に、らむのお墓へ母と行ってきました。

雪の降る間は全く行かずじまいだったので、久々でしたが

ちょっと山あいの動物達の楽園でもすっかり春が来ていたようで、

ばっけの出てること、出てること。


母とふたりで夢中になって採りました 笑

とにかく広い、らむのいる楽園は自然がいっぱい。

秋にはきのこも採れるし、久々に訪れた楽園は以前よりよい感じに人の手が加えられていて

ホント、明るい感じがしてイイところです。


暫くの間、ばっけとりに没頭して帰宅。

わたしはこのばっけをピザにしてみました。

d0071269_21481414.jpg


強力粉+米粉の生地をつくり、

ホワイトソースに味噌とばっけの葉を混ぜ生地へのせ、マヨネーズをトッピング。

ちょっと和風のピザです。

苦味のきいたなかなかよい味に仕上がりました☆


このほか、てんぷらやばっけ味噌を作って春の味を堪能。

これからは色んな山菜も採れるし、私も今年からは山菜採りにはまりそうな予感です^^;


こういうことに幸せを感じてきたわたし。

伊達に歳はとってませんね~。
[PR]
by ram50730 | 2008-03-25 21:54 | 雑穀 パン

みゅうの手術。

23日、みゅうの去勢手術をしてきました

生後約8ヶ月のみゅう。タイミングとしてはちょうどよいくらいだと思います。


ですが、やっぱり・・

怖い思いをさせてしまうこと、痛い思いをさせてしまうこと。

人間の勝手でメスをいれなくていいところを切ってしまうこと。

こんな思いが交錯して「やっぱり止めようかな」と思いました。

ですが、今では外の散歩は欠かせない日課になっているので

もの凄い臭いのマーキングで近所迷惑にならないようにというのと

かつてのみゅうのような子(みゅうは生後2ヶ月頃のとき、外で近くを通った人達に保護され、でも皆連れて帰れずにいたところを私が連れてきた)

をたくさんにしてしまうわけにいかない、

そう割り切り手術をしてもらいました。


朝一番に病院へ行き、怖がって逃げようとするみゅうを私が押さえ込み

麻酔をかけ朦朧とさせた後、2回目の麻酔で完全に眠らせました。

意識が朦朧としていく中、それでもみゅうは私に抱かれている腕から抜けようとよじのぼろうとしたり、

だいぶ動きが落ち着いてきたので、台の上に乗せると

ふらふらと起き上がろうとするみゅう。

抱っこをするとまた落ち着く・・・。この時点で切なかった私。


手術は5分もしないうちに終了し、そのまますぐ連れて帰ってきました。

それまではグッスリと目をあけたまま寝ていたみゅうでしたが

2時間ほどして「ニャ~」と泣き出したのでクレートから出してあげると

これまたおぼつかない足でフラフラと・・。

心配なので抱っこをするとまた寝始め・・

こんなことを何度か繰り返し、数時間経つ中で何度か吐き、おしっこも垂れ流しに・・。

力のない状態を見ていて、本当にかわいそうなことをさせてしまってるなぁという気になってしまいました。

いつかは醒める麻酔とはいえ、らむの最期と重なって余計辛かった・・・。


夕方ごろになると、いつものご飯の場所へ行くみゅう。

頭はぼんやりでも、本能はしっかり働いてます 笑

ご飯をあげると、ゆっくりでもしっかり食べていました。

その後お水をピチャ*2とゆっくりたくさん飲み、そして膝の上でまた寝はじめ。。。

食事と睡眠を繰り返し、体のほうはどうにか元に戻ってきてる様子でしたが、まだぼんやりモードは抜けきっていないようでした。

体もひとまわり小さくなったように見えたし、

全身麻酔はやはり負担が大きいんだろうね。

3.7kgという小さい体にやるんだもの・・・。余計ね。


私達が寝る頃、みゅうも一緒に床入り。

***************************************


明け方3時、いつもの声で起こされました。

そう、いつもの早朝散歩の時間。


みゅうさん、すっかり回復したようで。

でも傷跡が気になるので、無視して我慢させましたが、

ふすまや布団をガリガリと でも内心「ホッ」としました。


結局、大して血もにじまない跡だったので外で散歩させてしまった今日ですが

いつもよりパワーアップした様子だったらしいです。母談。


次の日、ご褒美にカツオのオヤツを買ってあげると、

喉をゴロゴロならして美味しそうに食べてましたよ。


なんだかこの子はホント、元ノラだからか、とてもたくましい。

保護してきたときもそう思ったけどね。

d0071269_21373298.jpg


 回復後、遊んでる図。ちょっとコワい!?
[PR]
by ram50730 | 2008-03-25 21:38 | ねこ・myu
15日土曜、ここ岩手で有機農業について奔走している友人にくっついて

雫石創作農園をされている福本さんにお会いしてきました。

岩手県産品、南部小麦と天然酵母のパン、野菜(トマトなど)を使った加工品、

蒸かし大豆など、地元で採れたものを加工販売している方です。

ご主人は有機野菜への取り組み、奥様はそれを使う方、

という感じの役割です。


私はここ最近、野菜作りはもちろんのこと、それをいかに上手に使うかというところに興味があります。

だから、奥様のお話は特に興味深く聞けましたね~。

手づくりの味噌や醤油も作っているそうで、自宅で寝かせ中のそれらを見せていただいたり、

畑で育てたハーブティー、南部小麦のクッキーをおもてなしに出してくださったりと

「こういう暮らし、あこがれます~!」という感じでした。

自宅の畑では、私が今年育ててみようと思っているルバーブが芽を出しているとのことで

見せていただきました。

広い畑にはビニールハウスが何個かあって、その中にはヤギさんもいたり・・。

これだけの土地で色々作れるのはいいですねぇ!

(って普段仕事している私からすれば無責任な発言かぁ・・)


畑で育てているローズマリーをいただいたので、それを使って今日はフォカッチャを作りました。

d0071269_2232767.jpg



去年、うちの畑で採れた枝豆を冷凍していたものものせてみました。

ローズマリーの香りがなんとも言えず、いい感じです。

あとはお肉料理にも、このローズマリーは合うそうですがそれは追々・・。


余ったローズマリーは花瓶に入れて根を生やそうと思っています。

d0071269_22341385.jpg



雫石創作農園では、手づくり味噌の講習もしているそうなので

今年はチャレンジしようと思ってます☆楽しみだな~。
[PR]
by ram50730 | 2008-03-16 22:37 | 雑穀 パン

空飛んでます??

ネットで「そらとぶねこ」ってのが流行ってるみたいで。

写真の撮りかたとか説明してるんだけど、

すっごく上手なサンプルたちに私も「やってみよう!」と思わされまして・・。


きょうは午後からずっと雨。

てことで、みゅうは外に出てもすぐ家に戻ってきてたらしい。

欲求不満なのか、外へ出るようになってからは殆どしなかった

カーテンクライミングや私たちの手へのじゃれつきが始まってしまったので、

遊び相手となり、そしてそらとぶねこのチャレンジもしてみました。

d0071269_23182952.jpg



いかがでしょう?

母の手が完全に入っちゃってますけど・・・。

まだまだ、本格的な写真ではありませんが、

一歩を踏むには上出来でしょうか、ね??


ボール遊びをすると、みゅうはなぜかカーテンの内側へ隠れます。

d0071269_23195589.jpg


獲物を狙う図です。


ずいぶん、長いこと一緒に暮らしているようだけど、

みゅうはまだ生後8ヶ月くらい。

まだまだ子どもだもんね、じゃれて遊びたい盛りだもんね。



さて。

そらとぶねこ、ですが、今後も挑戦していきますよ~。


最近、mixiのほうで日記を書いていて、こっちがおろそかになってしまってるけど、

色々と楽しんでやってることを、ここにも書いていかないとね。
[PR]
by ram50730 | 2008-03-14 23:23 | ねこ・myu

らむの日。

d0071269_20483747.jpg

今日13日は、らむの命日。

一足早い春の花、チューリップを手向けました。

虹の橋へ渡ってから早7ヶ月。

月日の流れは早いものです。

らむと過ごした約2年が幻のようにさえ感じます。

みんなと仲良く遊べるようになったかな??


きみの連れてきたみゅうは、元ノラだけあって逞しく過ごしてるよ☆
[PR]
by ram50730 | 2008-03-13 20:48 | しごと