愛犬らむとの思い出と共に、今を生きるわたしの日記。


by ram50730
カレンダー

<   2007年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

July 30th.

きょうはわたしの愛すべき

らむの2回目のバースディ!!


仕事から帰宅してから、

特製ご飯とケーキを急いで作って食べさせました。

d0071269_2042544.jpg

  〝チキンと野菜のミルクがゆ〟

d0071269_20432255.jpg

    ガッツガツと食べてあっという間にたいらげました。


・・・お次はバースディシフォンケーキ☆
d0071269_20444272.jpg

no sugarのケーキにヨーグルトでコーティング。

d0071269_2047864.jpg

むしゃむしゃとこちらもガッツいております。


大好きなスイカと、食べたことのないブルーベリーをトッピングしたわけですが、
d0071269_20475991.jpg


残しました。


スイカも残すなんておっかしいな~と思いながら、

こっちはこっちでデザートのスイカを食べようとしたところ、

フガフガと近寄ってきたため、

「あっちにあるでしょ」とケーキ皿を指差したところ、

スイカだとやっと気づいたのか、

スイカだけ食べてくれました。ブルーベリーはお気に召さなかったようです。


なにはともあれ、らむがきょうという日を元気に過ごしてくれて

わたしはとても幸せです。


この一年間でらむはすっかり大人になりました。

行動に落ち着きが出てきたなぁとつくづく思います。


時々、「あむ~(らむ)」と遊びに来る、

お隣の2歳近くになる坊ちゃんが、

昨日らむのリードをひいて歩いたそうですが、

らむはその子のよちよちペースに合わせて歩いたそうです。


その話を聞いて「らむもおにいちゃんになったんだな~」と

すごく嬉しくなりました。


わたしが思っている以上にらむは賢くて、

わたしが思っている以上にらむはわたしたちを理解していると思います。


ビビリん坊だけど、むやみに吠えたり怒ったりせず、

わたしたちの行動にちゃんと合わせることができる、

そんならむは本当に愛おしい存在です。



今という時が一番幸せです。


これからも元気に、ゆっくり歳を重ねていこうね。


we luv U~☆
[PR]
by ram50730 | 2007-07-30 21:14 | らむ

ひっさびさのアジ。


約ひと月ぶりのアジリティ練習に行ってきました。

その間、らむが体調を崩したり、

行こうと思えばザーザー降りの雨で断念せざるを得なく・・・。


前回の練習の頃から、

らむのアジに対する姿勢がどうも芳しくなく、

わたし自身のやる気も下降気味だったのですが・・。


でも、練習を休んでたこのひと月で、

らむのビビリ癖がまた以前のようにひどくなったような気がしたのもあり、

再開を決したわけで・・・。


着いてみると、やはりらむはクレートに引きこもってしまい、

他のお仲間さんから、

「(クレートの)ドア開いてるよ」と指摘されようとも

そんなのは全く関係ナシ。

こっちがリードを引っ張って、ようやく出てきてくれるわけだけど、

いざ走らせようとスタート地点でお座りの号令をかけてみると、

出来た!!

マテも出来てる!!


家の前での特訓(?)が功を奏したようです。


ジャンプもトンネルもちゃんとこなしてくれました。


次にノーリードでトライしようと、

スタートでお座りさせてリードをはずしてマテさせて

「よしっ!」と言ってみたが。


動かない。石のように動かない。


やる気ナシ!です。

でも、わたしが先に走る素振りを見せると着いてきました。

ジャンプ、ハウスともバッチリ☆でした。


らむはその後、すぐクレートに入ってしまったんだけど、

ちゃんとこなしてくれて、「来てよかった!」と心から嬉しく思いました。

***************************

自宅に戻ってきて、畑へ出かけていた母がらむに

ジャンボピーマンを渡すと・・・。

d0071269_1881514.jpg

すごい勢いでじゃれ始めました。


d0071269_189074.jpg

母が取り返そうとすると・・・

「渡すもんか!」の姿勢。


d0071269_1893774.jpg

下手をすると食べてしまいそうな勢いだったので、

ごまかして取り返したその後は・・


おやすみタイム。


スヤ~。


こんならむくんも明日で2歳になります☆


いつもどおり、元気に明日を迎えようね!
[PR]
by ram50730 | 2007-07-29 18:13 | アジリティ

new Friend.

d0071269_21442362.jpg

らむの新しいお友達、

“モジャ”


ホームセンターに買い物に行ったとき、

ワゴンの中で赤札投げ売り状態でいたモジャを


らむが気に入って家につれてきたといういきさつなので、

今でもピコピコことたまごちゃんと同じくらい、

気に入って遊んでいます。


モジャは潰されるとピーピー鳴き、感触的にはピコピコと同じ感じ。


らむのツボを見事おさえたヤツなのです。


モジャ、120円也。


おもちゃは値段ではありません!


ちなみにわたしがインスピレーションで

キモカワイいコイツをモジャと名付けたわけだけど、

らむもすぐ覚えてくれました。


さすがお気に入りなだけあります。


ちなみに。

ホームセンターでモジャをレジに通すとき、

らむから「ちょっと待っててね」と

ムリヤリ取ってレジの人に渡したんだけど、

らむは、そのレジの人に「返してくれっ!」

と言わんばかりにヒーヒー泣きながら食い下がってました。


困りました・・・。

レジの人もらむに「ちょっと待っててね~」と言って。

まるで人間の子どものようでなんだか可笑しかったです。
[PR]
by ram50730 | 2007-07-28 21:44 | らむ

いちにちの終わりに・・


彼がわたしに、

「布団に入って寝る前に、30秒でいいから

感謝タイムを作ったら?」



と前に提案してきました。


よく、「生かされてることに感謝すべき」


なんて言葉は耳にするものの、実際

平々凡々と暮らしてきてるわたしにとって、

そういうことは実はあまりピンとこなくて。


でもたとえば、

あーだこーだとネガティブ思考になってしまってるとき、

彼に会うと満たされた気持ちになる、

とか、

日常生活でヤだな、と思ったときに

らむを見ると癒される、

とか、

結局周りの身近な人達のおかげで

わたしの心はあったかくなるんだなと思うと、

「きょうもそばにいてくれてありがとう」

と自然と思えるようになるわけで・・・。


これを心で思えるようになるのと、

ならないのではきっと毎日が違う、

そんな気がします。

そして、それを口に出すともっと変わってくるんだろうね。



嫌な自分が表面に出て、自己嫌悪に陥ることがある。


そのときこそ、

感謝できることから感謝していこう!


当たり前だと思ってると文句が出やすくなるけど、

いつナニがあるかわからない人生だから、

今に「ありがとう」なわけだ。


オヤスミ三秒に近いわたしなので、

意識していかないと結局今までと変わりません。。。
[PR]
by ram50730 | 2007-07-28 00:07 | たいせつなこと

新作☆?


TOKYO土産の代表格といえば、

〝東京ばな奈〟


で、きょうお土産でもらったのが・・・

d0071269_2334675.jpg


「おっ!?」

ちょっとボヤけてますが、


これは初めて見たぞ~。新作かぁ?


開けてみると、

d0071269_23344312.jpg


おいしそ~・・・。


ちょこっと切って食べてみると、

バナナ風味のバームクーへンに

カラメルの甘苦い味がして、なかなか美味しかった☆


ごっつぉーさまっ!!
[PR]
by ram50730 | 2007-07-27 23:47 | たべもの

マナーと人間味。


わたしは民間企業に勤める会社員で、

これまで社外の人とも接してきたことも多々あるし、

ビジネスでの言葉遣いとか結構気にするほうだと思います。


だから、お役所の方々の接し方というのが

いまいち好きではありません。


上から目線でモノを言ってきたり、

ちょっとした当たり前の挨拶とかが上手くできなかったり、

マナーがあんまり・・・と感じることが多々あり。


(ってわたしが言えた口ではないのですが。)


で、きょうは私の職場の事務所が間もなく移転するのにあたり、

水道の中止のために市役所へ電話したところ、

取次ぎまでちょっと待たされてから、

愛想のないオバちゃまの声が。


話していても、時々普段づかいの言葉とか出るし、

本当にやる気のない話し方だったので

「どーなの!?」と思ったのですが、

やり取りしているうちに、こっちがわかるようにちゃんと説明してくれ、

ギモン点を聞いても自然な感じで会話が成立しました。


電話を切ったあと、今度は電気のことで電力会社へ電話したのですが、

こちらは打って変わってとっても丁寧な受け答え。

こっちが話すことを、そのまんま復唱

まさにビジネスにおいてのマニュアルどおりの対応でした。

・・なんだけど、わからないことを聞こうにもなんだか聞きづらいし、

どうも会話がギクシャクしてしまった感じがしました。



この正反対な対応。

どっちがいいか?と聞かれると、

役所のオバちゃんの人間っぽい話し方と、

電力会社のオバ(?)ちゃんのハキハキとした話し方

足したのが理想だな、って思いました。


顔の見えない相手とはいえ、話し方でその人柄ってのが伝わってくるわけで。

機械的すぎても、じゃ機械使えばいいんじゃないの?って感じだし、

生身の人間が話すんだったら、

マナーをもって少しあったかみのある

人間っぽい話し方をするのが一番理想なのかも~、


と、感じた一日でありました。

自分はどうなんしょ???
[PR]
by ram50730 | 2007-07-24 23:45 | しごと

夏のにおひ


きょうもまたパンを焼いた。

帰宅してご飯食べてからだったから、

さっきようやく焼きあがった。


二次発酵の間、らむを抱っこして近所をぐるーっと散歩したわけだけど、

あたりはすっかり夏のにおいがしていた。


ん~、と今ようやく落ち着いて座ったわけだけど、

今度のクレジットの引き落とし明細を見て一気にトーンダウン。


車検代をボーナス払いにしていて、なおかつ他の支出も結構あったため、

相当な金額が引き落とされるじゃないか!!


こうしてあらためて数字で見ると、ショック極まりなし。


テンションが下がってしまいました・・・。


はぁ。暑い夏はもうすぐで、海だ遊びだと楽しみでいたのに・・。


なるべく倹約に努めてまいります。。。
[PR]
by ram50730 | 2007-07-24 23:18 | わたし

パン作り、本日で4回目。

ようやっと、自分の納得のいく

柔らかいパンが出来ました!


はぁ、意外と難しいのね、パンって。。。

パン屋さんに並んでるパンはどうしてあんなに柔らかいの?



今まで、柔らかくて当たり前と思っていたことが、

当たり前じゃないんだ、とわかった今回のパン作り。


スーパーでは100円位で手軽に買えるものなのにさ、

手づくりだと時間はかかるし、汗をかくほどの労力を使うし、

フワフワに出来上がるまでが・・遠い。


でも、添加物ナシの噛めば噛むほどおいしいパンは、

この手でしか作れないんだよね。


一口一口、大切に食べたくなる一品です。


きょうはとりあえずここまで。


画像は後で載せよう!
[PR]
by ram50730 | 2007-07-22 21:39 | お菓子

もぉ~おかしい!!

d0071269_20525264.jpg


 アシカみたいだよね、まるで・・・。

 この直立具合、たまりまへん。


 そんならむくん、体調はバッチリ戻りました!

 右太股あたりにあった気になる腫れ物は、

 どんどん固く大きくなり「いつ出産かな~」と

 ふざけて言っていたところ、この間破裂しました。


 も~ビックリした。濁った血のような色のものが

 ポタポタと床に落ちてて・・。

 わたしも一瞬なんなのかわからず本当に驚いたんだけど、

 当の本人はもっと驚いたようで、

 鼻水を垂らしながら呆然としておりました・・・。


 残念ながら流産となってしまったわけですが(どんだけ?)

 元通りの違和感のないからだに戻り、今では傷口も落ち着きました。



 話は変わり、ダーリンが3年ほど使ったというケータイから

 ようやく新しいものへ変えたようです。

 ワンセグでした。

 あけてみると、画面の大きさにビックリ。なが~いの。

 そして、テレビはすっごくキレイに映るし!

 興味なかったけど、こんなにスゴイなんて驚き!

 
 わたしが手にする日は、まだまだ先だろうな^^;
[PR]
by ram50730 | 2007-07-21 20:43 | らむ

きょうは久しぶりに、

純粋な気持ちで嬉しいと思えた日でした。


先月、脳出血で倒れた知人が

搬入先の病院から、

最近リハビリセンターへ移ったと別の知人から聞いてたわたし。


そこはわたしの彼もかつて、事故後のリハビリで入所してたところだったので、

彼にお願いして連れて行ってもらったわけですが・・。


その知人。わたしを見るなり元気そうに挨拶をしてきました。

それは倒れる前の元気なときの再会とおんなじで、

ついこの間の表情のない顔つきから

一気に彼らしさを取り戻したかのような感じでした。


それから暫くおしゃべりをしたのですが、

会話が成立しないときもあれば、

麻痺のせいでナニを言っているかよくわからないときもあり。

言葉も思い出せないときもあるようでしたが、

これまでの記憶はしっかり残っているようでした。


でも、しぐさや表情、言わんとしていることが

今までの彼に戻っていたのは事実です。


前向きな発言もたくさんしていたし、

動かない右半身をはじめ、現況をしっかり受け止めているような感じでした。


元気を取り戻した知人と会って

こころから素直に「命があってよかった」

と思ったら、涙が出そうなくらい嬉しかったです。



恥ずかしながら、人の命の重さをきょうほど切に感じた日はありません。

本当に「この人が生きててくれててよかった」と思いました。


これからも彼を応援していきたいと思ったし、

私自身が周りの人や環境に感謝しながら

生きていければいいなぁと思います。


当たり前なことなんてないんだ。

そうなるからには意味がある。


前向きに受け止めていきたいです。


で、my ダーリンはというと・・

かつてお世話になった看護師さん、療法士さんのところへ

挨拶がてら遊びにいっておりました。


リハビリセンターのたくさんの人達に支えられ、

今のsuper strongな彼が生まれたんだと思います。


ここが第二の人生のスタート地点。

きっと知人もコレまで以上にhyperになって

出てきてくれることでしょう!!
[PR]
by ram50730 | 2007-07-20 23:03