愛犬らむとの思い出と共に、今を生きるわたしの日記。


by ram50730
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

登山 ~鶏頭山~

6月14日(土)、同級生トリオの一人、sukekomaくんと鶏頭山登山をしてきました。

鶏頭山は大迫の早池峰山の辺りにある山で、標高1600m、標高差は900mほどある

私にとってはちょっと高めのハードルの山です。


この朝、7時半に盛岡を出発し9時前に早池峰のパーキングに着いたわけだけど

着いてすぐ、隣に停めたおじさんが「今、震度6の地震があったよ」と言ってきて。

そのおじさん、あまりに真実性のないような顔で話すため

「え~、うそ~」と言った私ですが、おじさんカーのラジオから確かにそのような

内容のニュースが。


え!?ほんと??

「走ってて気がつかなかった?」と言われましたが、

全く以って気づかず。カーステレオはラジオではなく音楽をかけてたし、知る由もなく・・。

(その後の友達の話によれば、FMから地震予知連絡が入ったとのこと)

雨もポツリ*2と降り始めたため、隣のおじさんはそのまま帰りましたが

私達は計画通り、入山へ。

鶏頭山は道幅も狭く、登山開始からいきなり斜度のある道だったため、

体調に自信がなかった私は早くも挫折しそうな勢い・・・。

途中、清水が湧き出ているところでボトルへ汲み入れ更に上へ・・。

すると向こう側から別の登山者たちが降りてきました。

非難小屋にいたら地震がきたため、降りてきたとのこと。

そうだよね、やっぱり怖いよね!なんて内心思いながらsukekomaくんを見ても

特に動じず登山続行。あら、そうですか・・。


いや、にしてもキツい山だ~。

途中途中で立ち止まり小休憩を入れながら歩き続けているうち、

私のトークが炸裂し急に調子がUP!!

そうこうしていると脇にたけのこ達がいるのを発見!

「おっ!」竹やぶをかきわけよさそうなものを採りました。


そして1時間半後に非難小屋へ到着。

小腹が空いたためおやつタイム。

すると、ゴォ~という音と共に、カタカタと非難小屋が揺れました。

余震ですね。ちょっと長く続いたので怖かったけど落ち着いたので一安心。

汗で長袖Tシャツがぬれたので脱ぎ、カッパを羽織り小屋を出て、目指すは頂上。

竹やぶから一気にハイ松が辺り一面にある岩場へと変わりました。

ハイ松は背が低いため、周りが一望できます。

まさにキターっという感じ。この辺から高山植物もたくさん見られました。

d0071269_2101644.jpg


残念ながら霧で下界は見えず、、でしたが緊張感のある岩場登山は

なかなか面白いです。

d0071269_20595564.jpg


おっ、これが頂上か~!?

d0071269_20574157.jpg


あら?ニセ鶏頭でした。

ホントの頂上はそれから更に先にあるとのこと・・。

途中に何個かある梯子を伝ったり、岩場を上り下りして

非難小屋から1時間後に鶏頭山頂上へ~!

d0071269_20593250.jpg


なんだかアップダウンが続く頂上付近だったため、

「着いた~!」という気持ちにはならなかったんだけど、

さすがに長いこと歩き続けたので「やったぁ」という感じ。

風が強かったけど、お昼時間にさしかかっていたこともあり

昼食を取ることに。この日のメニューはレトルトカレーとたけのこご飯。

いつものようにガスバーナーでお湯を沸かし、カレーを温めいただきました!

sukekomaくんがインスタントスープも持ってきてくれていたので

こちらもいただき・・。前日にあれこれ悩みながら選んだちょい高めの

キーマカレーはなかなかイイお味で、ふたりで大満足しながらの昼食となりました。


昼食後、ポツリと雨が・・。急いで下山準備をし、目指すは再び非難小屋へ。

雨も次第に強く降り始めたため、タイミングよく昼食をとれたことに感謝し、

その後、足元がぬれて体温が奪われていく感じがあったため

更に「昼食を取っておいてよかったね」と二人で話ししながら下を目指しましたが、

だんだんとぬれていく足元に

こんなことなら、レインパンツ履いておくんだった・・と後悔。

上半身はレインジャケットのおかげで快適でしたが。。

岩場や木は雨にぬれると滑るため、緊張しながら下り、1時間後に非難小屋へ到着。

その頃には靴下が雨で絞れるくらいまで濡れてしまっていました・・・。

ガスバーナーで珈琲を沸かし、暖をとってしばし休憩。

そして再び下山すべく、一度脱いだ靴下に足を通すときのあの不快感ったら・・・

替えの靴下、持ってくるべきだよね。これって。とはいえ、靴も相当濡れてるから

意味ないのかもしれないけど・・。


1時間ちょっと歩いてようやくふもとへ到着。

登山者名簿に記録をし、パーキングへ。


体調が不安だったけど、無事昇り降りが出来てホッとしたのも束の間、

カーナビから流れる地震に関する映像に

予想以上の影響で驚きながら見てしまいました。

私達、行く山によっては被害に巻き込まれていたかもしれません。



今回の登山で、登山用グッズは本当に機能的だということがわかったことと、

自分の持ち物に色々不備があることに気づき、

(不備というか、あったほうがよいというものかな。)

地震などの災害にも備えるため、常にリュックには

カッパや栄養補助食品、ゴミ袋、軍手、除菌ティッシュ、薬、

携帯用FMやLEDライト、携帯電話充電を入れておくことにしました。

あとは、この次に登る秋田駒ケ岳には途中にトイレがないということなので

近々携帯トイレも購入して常備しておこうと思います。



本降りの中を歩く登山はこれが初めてだということもあり、

7月に福島・磐梯山を登るためのいい練習になったというのもありますが、

地震も重なったため、これからの登山用品のそろえ方についても勉強になったかな。
[PR]
by ram50730 | 2008-06-14 20:28 | たのしいこと